保育求人ナビを活用してみよう

保育1

保育に関わる仕事をしてみたいと思っているけれどどうやって求人を探したら良いかわからない、どんな準備をしたら良いか想像できないという人もいるでしょう。保育業界で働こうとしているときには保育求人ナビを活用してみるのが良い方法です。

保育求人ナビはどのようなサービスなのかを紹介するので利用を検討してみましょう。

保育求人ナビの二つのサービス

保育求人ナビは株式会社ウェルクスが運営している転職支援サービスです。保育士や幼稚園教諭などの保育業界に特化しているのが特徴で、二つのサービスを柱にしています。一つは一般的に求人サイトと言われるメディアサービスです。

保育業界の求人情報を集めて一つのサイトにまとめて掲載しているのが特徴で、簡単に求人を検索して閲覧できる仕組みになっています。希望するエリアや給与、待遇などの条件を設定するだけで候補となる求人がリストアップされるので簡単に応募する候補先を選び出すことが可能です。

詳細ページには写真付きで施設の概要や待遇の内容についても記載されていることから、納得して応募する施設を選び出せるでしょう。もう一つは転職エージェントとよく言われている人材紹介サービスです。保育施設から人材紹介の依頼を受けているのが保育求人ナビの特徴で、どんな人材を要望しているかに応じて適切な人を探して紹介しています。

紹介する候補者を探すために転職エージェントとしてのサービスが実施されています。これは登録をすると保育求人ナビの担当者にコンサルティングを受けられるようになり、希望に応じた求人を紹介してもらえるのが特徴です。

そのときに紹介される求人は基本的には公開されているものだけでなく、施設から依頼されているものも含んでいます。このサービスを利用することで施設とのマッチングが実現し、満足度の高い職場で働ける可能性が高まります。

どんな人が利用できるのか

保育求人ナビを利用するのには何か条件があるのかと気になる人もいるでしょう。基本的には保育求人ナビは保育業界で働きたいと思っている人が利用できる仕組みになっています。他の業界で働きたい人も登録することは可能ですが、希望する求人を見つけることはできないでしょう。

保育求人ナビでは業界特化型の求人紹介サービスを行っているからです。ただ、保育業界で仕事をすると決めた人でなくとも、興味を持っているから求人を見てみたい、コンサルティングを受けてみたいという人でも登録できます。

基本的に保育の仕事に対する興味や意欲があれば利用できると考えれば良いでしょう。保育業界で働くには資格が必要ではないかと考えるかもしれません。確かに保育士や幼稚園教諭などの資格を持っていなければできない業務もあるものの、施設からは他の職種の人も募集されています。

保育求人ナビでは保育士や幼稚園教諭だけでなく、看護師や児童指導員、地域限定保育士などの資格を持っている人も対象としてサービスを提供しています。また、保育補助などの資格がない人でも応募できる求人もあるため、無資格の人も会員登録して利用できるようになっているのも特徴です。

無料で利用できる理由を知ろう

保育求人ナビを利用するのにはどのくらいの費用がかかるのかと悩む人もいるでしょう。実は一般的な求人サイトや転職エージェントと同じで保育求人ナビを利用するのには全くお金がかかりません。

求人サイトを使って求人に応募するためには会員登録をする必要がありますが、登録に特に時間がかかることもなく、費用を負担する必要もないのです。転職支援をエージェントから受ける場合にも完全に無料で対応してもらえます。

お金がかかるとすれば電気代やインターネット代、自分から電話をかけたときの電話代程度です。このように利用料金がかからない仕組みになっているのは、基本的には施設側から料金を取るようにしているからです。求人広告を掲載したり、人材紹介をして雇用契約を成立させたりしたときに施設に費用を請求しています。

保育求人ナビの立場から考えると施設からの求人に興味を持って応募したいと思う人をいかにして多く獲得するかが大きな課題です。そのため、保育業界で働こうと求職活動をしている人には金銭的な負担がかからないようにしています。

二つのサービスのどちらを選ぶべきか

保育求人ナビで利用できる求人サイト、転職エージェントとしての二つのサービスのどちらを選んだら良いかで悩む人もいるでしょう。どのようにして求職活動に取り組みたいかによってどちらを選ぶのがベターかは異なります。

自分で求人の良し悪しを判断していき、自分なりのペースで応募をしていきたいと考えている人は求人サイトとしてのサービスを使うのが良いでしょう。一方、自分では求人の見極めが難しい、不安が多くて相談できる相手が欲しいなどといった場合には転職エージェントとしてのサービスに申し込むのが無難です。

この二つのサービスは併用することもできるので、両方に登録してみても良いでしょう。コンサルティングや求人紹介を受けつつ、自分なりに求人を探して応募していくというやり方もできるのです。実際に試してみるとどちらが自分に合っているかがわかる場合も多いので、悩んだら両方とも使ってみるのが良い方法です。

利用する上での注意点

求職活動を支援するサービスを利用するときには不安を抱く人も大勢います。登録するとしつこく勧誘されてしまい、途中で求職活動をするのをやめてしまったら大変なことになるのではないかなどといった心配をすることが多いのです。

しかし、保育求人ナビはその点では特に心配はなく、会員登録したりサポートサービスを申し込んでいたりした場合には登録を取り消す、サービスの終了を申し込むといったことをすれば勧誘が続くことはないのです。求職活動を終了するときには会員登録したままにしておいたり、サポートサービスを断らないで放置していたりしないように気をつけましょう。

保育求人ナビを上手に使いこなそう

保育求人ナビには求人サイトとしてのサービスと転職支援をするエージェントサービスがあり、どちらも自由に登録して無料で利用することができます。保育士や幼稚園教諭の資格を持っている人だけでなく、看護師や資格を持っていない人も利用できるので、保育業界で働くのに興味を持っている人は試しに登録して利用してみましょう。

参考情報-ASUKA … 保育求人https://www.g-asuka.co.jp/job-info